車種としてはコンパクトカーより軽自動車が人気

自動車において、外国のメーカーといいますと、大型の車ばかりを連想していました。
小型のものといえば、国土の小さい日本が優勢だと思っていたのです。

ところが、外国のメーカーでもコンパクトタイプの自動車を登場させています。
小さい車体だったので日本車だと思っていたら、ドイツのある有名高級自動車メーカーの車でした。
通常のタイプは高級感が漂っていますが、コンパクトになると親しみが湧いてきます。
価格はそれなりにするのでしょう。

日本車において、車両の価格で考えると、コンパクトカーでも軽自動車でもあまり変化はないようです。

安いものなら100万円からになるようです。

場合によっては、普通自動車のコンパクトカーのほうが安い場合もあるそうです。

となると、購入したい人気の車種もコンパクトカーになるかですが、そうはなっていません。人気があるのは、車両価格が高くても軽になるようです。

大きさなどでもあまり差は無さそうなので、他の部分でメリットがあるようです。

メリットとしては、維持費が安いことになるでしょう。燃費が安いことは知られています。
これはコンパクトカーでも言えることです。

差が出るのは、軽の価格として出されている部分です。

税金はかなり安く設定されています。
また、高速道路に関しても、普通車と軽とで価格が異なります。
価格が違うからと言って、制限速度に違いがあるわけではありません。どんどん走れるのです。

保険料も安く設定されることが多いようです。

注目度がUPしているこの話、すぐわかるこちらでチェック



Copyright(c) 2017 使い方いろいろ 軽自動車の利便性 All Rights Reserved.