軽自動車の車種としての魅力

自動車の購入を考えるときに、用途により車種が変わると思いますが、軽自動車という選択をした場合に、長期的にとてもメリットがあることを、みなさんご存じでしょうか?
実際に私は、以前SUVに乗っており、ガソリン代や税金にとても費用がかかるな…と思っていましたが、軽自動車に変えてみて、その負担がとても軽くなりました。

現在の軽自動車の税金は、市町村により異なる場合がありますが、普通自動車等他の車種に比べてとても低く決められています。
今後、増額になる可能性はあると思いますが、最近のCM等をみても、燃費面であったり、車内の広さであったり、税金以外のメリットが増えてきたように思えます。
コンパクトで小回りが利くことは当たり前ですが、最近ではデザインも豊富で、各自動車メーカーが軽自動車や、コンパクトカーに力を入れていることは明白です。

もちろん、車検時の負担金の低さも魅力であると思います。
私がSUV車に乗っていた時は月のガソリン代は2万円超えていましたが、軽自動車に買い替えて、約半分に負担が減りました。
これは、通勤時の使用と、軽に変えてからは燃費がいいので、月2回程は遠出(片道1時間くらいのところまで)していたので、通勤時の負担は半分以下になっているということになります。
万が一事故の時に軽自動車では不安という方もいらっしゃると思いますが、相当大きくてしっかりしてるワゴン車や、乗用車と比べない限りはあまり変化がないのではないかと思います。
長期に使用する自動車、燃費や維持費等を考えると、断然軽自動車だと思います。

注目度がUPしているこの話、すぐわかるこちらでチェック



Copyright(c) 2017 使い方いろいろ 軽自動車の利便性 All Rights Reserved.